母校創立100周年記念事業のあらまし

母校小山高校は平成30年に創立100周年を迎えます。そこで、100周年の記念事業を計画するため、平成27年9月28日に栗田同窓会長を委員長として、同窓会、PTA、学校が一体となった『小山高校創立100周年記念事業準備委員会』が結成されました。 現在まで3回の準備委員会を開催し、以下のような事業の実施が決定されました。なお、『小山高校創立100周年記念事業準備委員会』は平成28年度6月13日に発展的に創立100周年記念事業実行委員会に移行しました。

  • 01記念式典

    平成30年11月9日(金)に記念式典を行います。
    詳しくは「記念式典について」をご覧ください。

  • 02記念講演会

    平成30年11月9日(金)式典終了後、記念講演会を開催します。
    詳しくは「記念式典について」をご覧ください。

  • 03記念誌(100周年誌)編纂刊行

    小山高校現在までの100年の歴史をまとめます。
    同窓生の誰もが自身の小高時代を振り返ることができる記念誌をめざし編纂中です。

  • 04同窓会会員名簿の刊行

    10年ぶりの会員名簿の発行となります。

  • 05アニバーサリーホール(100周年記念資料室)の整備

    本校の歴史、課程や学科の変遷、部活動の栄光の記録などを集積し、同窓生の皆様の
    「心の拠り所」となる空間を創りあげ、多くの方々に本校に足を運んでいただける機会を設けたいと考えています。
    平成29年度の同窓会総会までには完成させ、同窓生の皆様にお披露目させていただく予定です。

これら記念事業の実施にあたり、同窓生のみなさまに募金のご協力をお願いさせていただいております。

伝統ある地域の拠点校、我らが小山高校に相応しい盛大な100周年記念事業となりますよう、
会員皆様の絶大なるご支援をどうぞよろしくお願いいたします。